12/6

11/27-11/30、ナミビア・スワコプムンドで開催されたSEAFOの第14回年次会議に出席しました。

11/14

イタリア・ローマで開催されたICFA(国際水産団体連合)の年次総会に、当協会吉田会長が出席しました。

 

10/16

オーストラリア・ホバートで開催されているCCAMLR(南極海洋生物資源保存委員会)科学委員会、年次会合に当協会から出席しました。

 

9/25

NAFO(北大西洋漁業機構)の年次会議が9/18-22まで、カナダ・モントリオールで開催され、当協会からも出席しました。

7/18

7/11-15、北海道・札幌で開催された、NPFC(北太平洋漁業委員会)、第3回技術遵守委員会、第1回予算管理委員会、第3回年次会合に当協会も参加しました。

7/18

NAFO(北大西洋漁業機構)のリスクベースマネジメントシステム作業部会が7/11-14までカナダ・ハリファックスで開催され、当協会からも出席しました。

7/7

6/23-30、モーリシャス・フリッカンフラックで開催されたSIOFAの遵守委員会、第3回締約国会議に出席しました。

 

5/30

当協会の第51回定時総会が開催され、事業報告・財務報告、事業計画・予算などが承認されました。資料はここです。

5/8

4/17-4/27、中国・上海で開催された、NPFC(北太平洋漁業委員会)、第2回VME小科学委員会、第2回クサカリツボダイ小科学委員会、第2回科学委員会に当協会も参加しました。

2/6

1/30から2/3まで、IMO(国際海事機関)の第四回HTW(人的因子訓練当直)小委員会が英国・ロンドンのIMO本部で開催され、当協会からも参加しました。

1/16

CCAMLR(南極海洋生物資源保存委員会)の調査漁獲に関する日仏科学者会議が当協会で開催されました。

12/15

11/28-12/2、南アフリカ・ポートエリザベスで開催されたSEAFOの第13回年次会議に出席しました。また、12/5、ナミビア・ウィントホックで日・ナミビア漁業協力対話に参加しました。

クサカリツボダイ
クサカリツボダイ

標準和名「クサカリツボダイ」


スズキ目 カワビシャ科 クサカリツボダイ属

 

漁獲海域:天皇海山海域

 

非常に脂が乗ったうまみのある白身魚で、主として加工した高級な干物、漬魚などで幅広く流通しています。

 

周年にわたり漁獲されますが、北太平洋漁業管理機関での自主的資源管理措置として、日本漁船は、11月、12月の産卵期を休漁しています。

 

クサカリツボダイの基礎知識をまとめました。

 

 

 

太平洋沖合(天皇海山)で漁獲されたクサカリツボダイに関する放射性物質の調査結果が公表されています。

 

最新(2012年4月25日)の調査結果は、検出限界以下となっています。

 

以下のリンクのうち、 「水産物の放射性物質の調査結果(一覧表)【平成24年4月以降公表分】(6 月29日現在)(エクセル:1,179KB)」をご確認ください。

 

 

 

・ロンドンオリンピックの女子レスリングで金メダルを獲得した、48キロ級の小原日登美選手、63キロ級の伊調馨選手がこのほど、当協会会員の「丸吉」を訪問し、天皇海山で漁獲されたツボダイを贈呈されました。小原選手が五輪での減量のため、魚中心の食事にしていたころ、父上から差し入れられたツボダイに「はまった」ことがきっかけで、インタビューでこれを話したことから、同社が地元の水産振興にも繋がるようにと送ったものだそうです。

小原選手はツボダイを広めたいとも話しているそうで、関係者は心強い「ツボダイ大使」が就任してくれたと喜んでいます。